LEGOをArduino(AVR)でコントロールして動かしたくなったので、色々やってみようと思う。まずはラクにProcessingでコードを書けるようにしたいので、市販のAVRをArduino化してみた。Arduino IDEのバージョンによってやり方が違っていたので、現在のバージョン(1.6.11)で通用するやり方をメモしておく。

手法を選ぶ

  • ArduinoをISPとして使う

材料

  • Arduino Micro
  • Atmega168トレーニングボード(共立電子製)
  • MicroUSB - USBケーブル
  • Qtケーブル6本
  • Mac(Mac book air)

上手く行った手順

  • Arduino IDEの設定
  • Githubから設定ファイル(JSON)をダウンロード
  • Arduino IDEの設定
  • ISPピンを繋ぐ
  • USBでMacとArduino Microを繋ぐ
  • 出力先の指定
  • ブートローダー書き込み
  • アップロード

はまったところ

ピン配置

参考